書家・石原美歩 公式サイト

 

作品ギャラリー:2009年

HOME >> 作品ギャラリー:2009年
2018年:主な作品
2017年:主な作品
2016年:主な作品
2015年:主な作品
2014年:主な作品
2013年:主な作品
2012年:主な作品
2011年:主な作品
2010年:主な作品
2009年:主な作品
2008年:石原美歩書展
2008年:主な作品
2007年:主な作品
2006年:主な作品
商業作品
主な小品
 
作品をクリックすると
大きな画像でご覧になれます。

2009年

塊

3年前からチャレンジしていた作。
1枚書くための墨量は1.5リットルくらい。筆を3本合筆して紙面を走りながら一気に書きあげる。100mダッシュしたかのようなエネルギーの放出です。(第26回山梨独立書展より/240×360cm)
 
夕凪

夕凪

校時代からの親友のために書いた小品。
ラッピングの紙に書き、桃の木の皮を入れてほんのりピンク色に染まった和紙の上に置いてみました。夕焼け雲のような表現になったかなぁ・・・(第26回山梨独立書展より/21×34cm)
 
ホタル

ホタル

消えそうで存在しているギリギリの線表現をしたかった。季節外れのホタル。か細い光を放ちながら、命尽きるまで光続ける。(独立秋の選抜書展より/30.5×55.5cm)
 
夕凪

第回やまなし県民文化祭より
 
ホタル

三神弘作 小説「三日芝居」より

呼び込み太鼓が、雪空に火を放つように高まってゆく。その音は、「狂っちもうじゃん、狂っちもうじゃん」ともに狂ってしまおうではないかという、この地方の方言と聞きとれた。(第3回Circulation「観るエクリチュール」展より/55×80cm)
 
夕凪

川崎勝信作 短歌

月影に蒼く浮きつつ雪冠る山頂すでに神おはす場所(第3回Circulation「観るエクリチュール」展より/直径35cm)
 
ホタル

三枝浩樹作 短歌

朝のポストに手紙を入れる少女いて雪あたらしき今朝の連嶺(第3回Circulation「観るエクリチュール」展より/26×42cm)
 
回想

回想

第61回
毎日書道展
より
(150×70cm)
   
憐

第52回
徽墨会展
より
(180×90cm)
錢惟善詩

錢惟善詩

第6回
山梨書作家展
より
(240×60cm)
 
憐

第57回独立書展より
(180×180cm)
筆に想いを込めて 書家・石原美歩
 
代官山書道教室
 
<PICK UP>
映画タイトル揮毫
スタジオジブリ出身の増山 修氏が手がけた映画「神楽鈴の鳴るとき」タイトル揮毫
書道パフォーマンス
テラスモール湘南「正月イベント」にて、書道パフォーマンスを披露
書道パフォーマンス
桔梗屋「新春初売り・迎春イベント」にて、書道パフォーマンスを披露
夢の共演
日本を代表する尺八演奏家、都山流の森田柊山氏とコラボレーション
ホテルとコラボ
東京上野の「ホテルサードニクス上野」と石原美歩がコラボレーション
国連NGO大使
オレンジハートリボン大使に就任
書道パフォーマンス
母校、韮崎高校 同窓会にて書道パフォーマンスを披露
NMB48 PV技術指導
NMB48 team BII「心の文字を書け!」ミュージックビデオの技術指導
海を越えたサポート
カリフォルニア「ガーデナ仏教会日本語学園」の書道パフォーマンスをサポート
スクールライブショー
NHK「スクールライブショー」最終回にスペシャルゲストで出演
 
お問い合わせはこちら
 
書家・石原美歩 YouTube公式チャンネル